結局、オナ禁はどれくらい続ければいいのか

『オナ禁』に何を求めているのか、に依る

オナ禁

オナ禁をどれくらい続けるのか、どれくらい続ければいいのか。

果てしなく何百日のオナ禁生活を夢見る人もいれば、とりあえず一週間程度のオナ禁を志す人もいる。人それぞれだ。

その目標設定に際して一番重要なのは、『オナ禁』することに対して何を求めているかに依るだろう。

オナ禁することで身体に好影響が出ることを期待しているというのであれば、これはたったの数日程度のオナ禁ではなく、ある程度まとまった期間を目標にしたいな。

オナ禁することで性欲をチャージし、次にオナニーする時に感度ブースト状態で気持ち良いオナニーがしたいという場合には、数日間のオナ禁で充分になる。

長期間のオナ禁に挑む際のポイント

オナ禁を長期化することのメリットだが、肌質の改善や抜け毛予防、疲れにくい体質になったり精神的にも前向きになれたりという効果が望める。

健康効果を欲してオナ禁に挑むという場合には、こちらになる。

短期間のオナ禁で健康効果を実感するのは難しいし、特に精神的な部分については短期間のオナ禁では何も感じられないだろう。

決してオナニーすることが悪いわけではないが、オナニーをしないことで身体を休めてやることが健康効果を生み出すことに繋がっている。

『精液』というのは子孫繁栄のために重要なモノだから、それを作り出すために身体は相当のエネルギーや栄養を消費する。オナニーをすることで精液を放てば、身体は急いで精液の補填に努めるのだから、どんどんエネルギーや栄養が消費されていってしまう。

オナ禁することで無駄に消費されていってしまうエネルギーや栄養を抑え、それを身体へ循環させてやることで健康効果が期待できるし、性的な興奮時に分泌される男性ホルモンについても安定するようになる。

オナ禁健康効果を実感できるのは最低でも10日以上は掛かるし、できることなら30日は欲しいところだ。

健康効果を求めてオナ禁する場合には、射精することは当然禁止だし、オナニーすることも、性的に興奮するようなことも、それら一切合切を禁じることがポイントになる。

性欲を絶つような形でオナ禁生活に挑むことになるので、それを覚悟して欲しい。

短期オナ禁に挑む際のポイント

短期的なオナ禁というのは、性欲をチャージして性感ブースト状態でいつもよりも気持ち良いオナニーをしたいがために行うものがほとんどだ。

これまでどれくらいのサイクルでオナニーしてきたかは個人それぞれに依るが、いつもよりもオナニーのサイクルを延ばしてやることで性感ブースト状態に至れるだろう。

オナニーするためのオナ禁ということなので、強い性欲に襲われてしまい、短期間ながら難易度は長期間のオナ禁とそんなに変わらない。

性欲をチャージするのがポイントになってくるので、オナ禁中もずっとエロいことを考えまくるのがポイントになる。

射精さえしなければオナニー行為そのものは構わないので、寸止めオナニーを繰り返して性欲をチャージしていきたい。

これまでのオナニーサイクル+2日くらいから始めてみるだけでも効果は実感しやすいのでお手軽だ。

あくまでオナニーするためのオナ禁なので、健康効果も一緒に期待するというのは言語道断だ。

特に男性ホルモンについてはむしろ大量に分泌されるだろう。

歳をとるごとにオナニーのペースは衰えていく

若い頃からのオナニーサイクルを漫然と維持している場合が多くはないだろうか?

若い頃から毎日オナニーをやっているという人もいるだろうが、年齢を重ねる事に性欲も身体も衰えるものだ。本当に今のオナニーサイクルで良いのか、検討する機会があっても良いのかもしれない。

そういう意味でオナ禁に挑んでみるのも良いだろう。

この場合は健康効果を求めた長期オナ禁の方になる。

オナ禁をすることで身体を休めることで、その時その時の自分の身体に対してオナニーがどれくらい影響を与えていたのか、ということを知る手掛かりになるだろう。

その情報を元に、どれくらいのオナニーサイクルを取るようにするのが自分の身体にとって良いのか検討するのが良いだろう。

医学的には3日に1回オナニーするのが良いという話しも聞くが、それはあくまで精液の溜まり具合からの話しでしかない。別に一週間オナニーをしなかったからといって精液が溢れて内臓が破裂するようなことがあるわけではないのだ。

オナニーをすることによる身体の影響

オナニーを休むことによる身体の影響

それを踏まえて、オナニーと付き合っていきたいものだ。