それでも合法的に『露出』したい人へ

露出オナニー

【注意】公共の場で『露出オナニー』をするのは犯罪行為です【注意】

まずこれだけは覚えておいて欲しいのだが、俗に言う露出狂のように下半身、それも性器を公共の場で露出させるのは軽犯罪法に引っ掛かる。

刑法第174条(公然わいせつ)に抵触した場合には懲役刑なり罰金刑なりが待っているので、くれぐれも公共の場で露出オナニーなどをしようとは思わないで欲しい。

改めて一筆しておくが、俺は犯罪行為を助長するつもりは一切ない

当サイトの情報でもって勝手に露出オナニーして警察に捕まったからといっても、それは俺には全く関係無いし、責任を取るつもりはない。完全に責任放棄をさせて頂く。

それでも合法的に『露出』をしたいのだっ!

犯罪行為になるから止めろと言っているのだけれど、それでも『露出』をしたい、なおかつ警察のお世話になりたくない人はどうしたら良いのだろうか?

……ということで少し本気になって考えてみた。

合法の範囲内で『露出』の気分を味わえるシーンを取り上げていくので、「あ、これで満足できるかもしれない」と思われたところを自分で掬い上げて欲しい。

誰もいない家の中で裸になってみる

とりあえず誰もいない自宅、自室で全裸になってみよう、これなら安全だ。

風呂上がりに全裸で家を歩き回る習慣がある人には無感動だろうが、通常であれば裸で入ることがない部屋に全裸侵入することで『露出』の感覚を得られるかもしれない。

誰もいない家の中・仏壇の前で裸になってみる

霊や魂の存在を信じる信じないの議論や、仏壇の前で変態行為を行う不道徳さについては各自の心の中で勝手に行って頂きたい。俺は関与しない。

それで、だ。

誰もいない家の中にあっても視線を感じてしまう箇所として仏壇がある。

仏壇の前で全裸になるなんて罰が当たりそうだが、ともかくも仏壇の前で全裸露出を行うのは少し躊躇われる気分になることだろうから、だからこそ試してみてもらいたい。俺はやらない。

女の子がこちらを見ているイラストを並べ、その前で露出する

二次元三次元問わずで、可愛い女の子がこちらに視線を向けている画像を集めてきて、それを印刷などして壁に貼り付けておく。

しっかりとこちらに視線を向けている画像が最適だ。

枚数を増やせば増やすほどに「見られている」という感覚が増すだろうから、印刷代が許す限りに数を増やすのが良い。

画像中の女の子を見ながら露出しているシチュエーションを想像し、イメージを膨らませて想像力の中で『露出』を楽しむことができるので案外にオススメだ。

印刷代をケチるのであればスマホの画面やタブレットの画面、テレビ画面などを利用するのも良いだろう。

グラビアアイドルなどの等身大ポスターなどでも代用が効くが、明後日の方向ばかり向いていて視線を寄越してくれない構図が多い(気がする)。

同人音声を聴いて『露出』をイメージ体験する

同人音声中、女の子に服を脱がせてもらって性器を眺められたりするシーンがある。

その時に『露出』している気分を味わうことができる。

この場合はどちらかというと『見せつけている』感じになる。

「おっきぃ……」と褒めた感想をくれることが多いので自尊心が高まり、『見せつけている』感じは強まっていく。

女の子に性器を見せて驚かせてやるなどの感覚は全くないが、これはこれでなかなか小気味よい。

○じらし上手なありさちゃんに負けてはいけない ~射精したら交際決定だよ♪~

じらし上手なありさちゃんに負けてはいけない ~射精したら交際決定だよ♪~

○ダウンロードサイト

 

下記の記事内で音声作品について他に取り上げているのでそちらも参考に。

自分で自分を撮影したりして『露出』気分を

大きな鏡(姿見)などの前で全裸になり、自分の全裸を見、『露出』気分を味わうという方法。

この時に携帯電話のカメラ機能を使って自分の裸体を撮影するなどすると気分はなおさら高まるかもしれない。

せめてカメラは録画モードにしておくのが良いだろう。

撮影した動画を自分で鑑賞したりすれば、これまでとは異なった感覚になれるかもしれない。

くれぐれも全裸動画はインターネット上にアップロードしないように気を付けたい。警察がやってくる。

入浴施設の大浴場で『露出』する

入浴施設

入浴施設でなら『露出』は全く問題無い。

言うまでもなく浴場内や脱衣場での話しであって、受付ロビーなどで服を脱ぎ始めたら警察がやって来るのでヤメロ。

さて、もともと全裸が当たり前の浴場内で『露出』することになんの意味があるのかと思われるだろう。みんな誰も彼もが『露出』状態ではないか、と。それも周りにいるのは同性ばかりだろう、と。

なるほど当然の疑問だと思うが、浴場内や脱衣場で誰も彼もが身体を晒すことに積極的かと言うと、その点ではむしろ異なってくる。

男性であればタオルで股間を隠し、女性であれば胸や股間を隠す。逆に隠しすぎるのも変に浮いてしまうので軽く隠す程度にするなどが専らだろう。

たまに堂々と全裸すっぽんぽんで浴場内を闊歩している奴もいるし、もしもこの記事の読者さんもそうだというならこの項目は読み飛ばして欲しい。

この項目は同性で溢れている浴場内で身体を控えめに隠しながらいる読者に、浴場内を全裸すっぽんぽんで堂々と歩き回る『露出』方法を提示しているわけだ。

なにも背中を丸め気味にして股間にタオルを当ててこそこそと浴場内を歩くことはない。

タオルなど小さく畳んで手に握り、背筋を伸ばして胸を張り、むしろがに股気味に歩いてみてはどうだろうか?

同性の前で『露出』できずになにが『露出』か――ということで、犯罪の領域に食い込まない程度に『露出』初心者にはこの方法を推したい。

泌尿器科・肛門科で診察を受ける

泌尿器科や肛門科で診察を受ける際には、当たり前だが相当部位を医者に診せる必要がある。

医者の方も診察ということで相当部位をしっかりと観察してくれる。

……これを『露出』と定義していいのかどうなのか判断が難しいところだが、人前で服を脱いで性器や肛門を晒す感覚を試すことは可能だ。

診察理由は些細なモノから本格的なモノ、まるっきりの嘘までさまざまでも構わない。

各病院によって診察時にどのように服を脱ぐことになるのかは異なってくると思うが、俺が(切れ痔で)診察した際には服を着たまま診察室に入り、診察室の片隅でズボンと下着を脱ぐように指示があり、その際に看護師(女性・おばちゃん)が大きめのタオルで下半身を覆ってくれた。水着を着替えるときのラップタオルのような感じだ。

しかしタオルを巻かれるまでの間に看護師に見られてしまっていると感じたし、診察台に横向きに横になってからは医者にタオルをめくられ肛門をしっかり診察してもらった。

……正直、『露出』の感覚は感じづらいと思う。

しかし肛門に診察器具(クスコ)を挿入された時の感覚によってアナルオナニーに目覚めるきっかけになるかもしれない。

エロチャット・ライブチャットで『露出』を行う(注意事項有り)

事前に警告しておくが、性器丸出しの映像を配信してしまう行為は相手が限られているエロチャット・ライブチャットの場合でも違法行為となり、処罰の対象となってしまう。

そこで改めて考えて欲しいのだが、なにも「性器を晒すことだけが『露出』というわけではない」はずだ。

確かに性器を人目に晒すことの方がスリル増し・開放感増しなのは考えるまでもないことだが、それはほぼ犯罪行為となってしまって処罰されてしまう。

これまで挙げた方法として入浴施設内などで素っ裸になるのなら構わないが、それでも入浴施設内だからといって特定の誰かの前で股間を見せつけてやるのはアウトである。

性器の『露出』は基本的にNGの領域なのだ。

けれども普段は人目に晒すことのないパンツ一枚の状態であっても『露出』の感覚を味わうことはできる。

もちろんそれにしたって公衆の面前で行えば犯罪行為となってしまうが、ライブチャットサービスでは性器の露出以外は容認されている傾向にある。(利用するサービスの利用規約を要確認)

場合によってはどこかのお笑い芸人のように上手に性器を隠しさえすれば全裸も有りになってくる。

『露出』本来の誰かに裸を晒すことによるスリル感と、ルールギリギリ、触法ギリギリを攻めるスリル感との相乗効果を狙っていくのも有りなのかもしれない。

あくまで違法行為とならず、処罰の対象にならないように重ねて注意を書いておく。

その上でエロチャット・ライブチャットを使って『露出』に挑戦してみるのも良いかもしれない。

実際にリアルタイムで視聴する他者がいて、その反応がある環境となれば、刺激性は強い。

風俗嬢に頼む

ラブホテル

・パターン1

「部屋の鍵は開けておくから、そのまま部屋に入ってきておくれ。

俺は裸でベッドに横になっている。

君はなにも声を掛けてくれなくて良い。

ただ俺の裸を眺め、観察してくれさえすれば良い。

独り言のように好きな感想をつぶやいて貰って構わないが、決して俺とコミュニケーションを取ろうとはしないでくれ。

俺の裸を眺めて、興味深く観察してくれても良いし、嘲笑してくれても良い。罵倒してくれても良い。

それだけで良いんだ」

ベッドに横になって、せっかくなのでアイマスクをして視覚を封じて全裸待機していると良いだろう。

貴重品はしっかり管理しておくように。

・パターン2

「今日は露出狂の気分を味わってみたいんだ。

俺はバスルームで身体を洗った後、バスローブを羽織って君の前に現れる。そしてバスローブを全開にして『露出狂』の真似事をするから、君は君の思ったままの行動を取って欲しい。

もちろん警察に通報するのは止めておいてくれよ」

風俗嬢相手なら事前に申し出る必要無く大丈夫かと思われるかもしれないが、事前に言っておかないとトラブルの元だ。

ネタばらししてしまっているので気分が削げてしまうという部分はあるだろうが、その点はバスルームで身体を洗いながら気分を盛り立てていって欲しい。

ちなみにこの方法は実際にやったことがある。

嬢の反応としては、ちょっと戸惑った風もあったが驚いた反応をしてくれて、その後に身体を観察してくれて、性器を観察して感想をつぶやいてくれていた。

そうしてたどたどしい感じで性器に触れ、口に含み――という流れでいつもの前戯のようになっていってしまったが……。

ポイントとしては、こちらのパターンでも『露出』モードになったら嬢とコミュニケーションを取らないことだ。

くれぐれも犯罪行為にまで及ばないように

『露出』の性癖は実際に行動に移すようになるとなかなか厄介な代物となる。

特に男性が行う『露出』の場合は即通報されてしまうことになりかねないので男性の場合は注意が必要だ。

……女性が『露出』を行った際にはラッキースケベということで有り難がって貰えるだけで済む場合もあるがな。